交運共済はJRとその関連企業で働く方とそのご家族のために保障事業を行う生活協同組合です。

入院共済 Q&A

あります。
 1回の入院についての支払限度は、支払日数124日です。
 1回の入院とは、同一の原因での入院をさします。
 通算支払限度は、支払日数を通算して700日となります。

加入者からのお申し出がないかぎり契約は継続となります。

死亡共済金のみの支払いとなります。
(ただし、その場合に契約が継続していることが条件となります)

できません。
必ず組合員本人も加入してください。
(本人死亡又は解約の場合、配偶者も解約となります)

本人と同じ解約日(当月末日)となります。
(配偶者だけの残余期間の継続はできません。)
ただし、明治安田生命の個人加入契約として継続契約することができます。

できません。
いづれか1つのコースを選んでください。

この制度は、3,000円、5,000円、10,000円コースのみです。
したがって、1口、2口といった加入の方法はありません。

この制度は、1年更新ですのでその年の年齢の掛金を適用します。
年齢区分が5歳きざみで設定されていますので、区分が変われば掛金も変わります。

いいえ解約にはなりません。現状のコースで継続できます。

1.医療法に定める日本国内にある病院又は患者を収容する施設を有する診療所
2.上記と同等と認められた日本国外にある医療施設となります。

診療施設(入院収容できる設備を有する)を併設し、傷病の治療を目的とした入院については対象となります。

収支計算をおこなった結果、剰余金が無かった場合(支払が多く出た場合)、配当金はありません。

入院費用の領収書等を添付し「入院状況報告書」(受取人の署名、捺印)をご提出いただくことで、以下の場合入院証明書を省略することができます。
(1) 災害入院の場合、お支払い金額が10万円以下
(2) 疾病入院の場合、責任開始後2年以内の場合、お支払い金額が5万円以下、2年超の場合、10万円以下の場合。ただし、妊娠、分娩(出産)を原因とする入院は除きます。

加入者の重大な過失としてお支払いできません。